読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとせとら

丘本浩一blog -よけいなものこそ-

4月7日→

遅くなりましたが、4月7日金曜日、谷町九丁目ワンドロップでライブでした。あの場にいてくれたみなさま、ありがとうございました。

共演は内田修人さんといおかゆうみさん、お二人と直接そういう話はできず終いでしたが、パーソナルな響きのする歌が続く静けさが心地良い夜でした。

内田さんの歌はギュッと詰め込まれた言葉が耳に飛び込んできて、そのキャッチーさに感心します。都市生活での葛藤を感じさせるような現代的な描写が多い中、歌詞に「パリ」が出てくる曲が印象的でした。妄想力が高そうな人だなあ、と勝手に思っています。

いおかさんは彼女が10代の頃にも共演していて、歌を聴くのは結構久しぶりで、かつてはどこか線の細さを感じたりもしたけど(あまり人のことは言えないながら)、ときに力強く歌い上げる様は無理なく体に染み付いているようで、時の流れを感じられました。

私、歌い方を矯正中で、むず痒くもありながらも、おかげさまでなんとか歌いきりました。

演奏した曲はコチラ、

1. つまるところ
2. 春がひとり歩き
3. なんとなく
4. 日々
5. 毎日のこと
6. ある春
7. あああ
8. みなもと

この曲順を決めたとき、去年の10周年ライブ「とよりでからのへや」のその先を意識することになった、自分の中で、少しは前に進んでいると思い込ませます。

演奏を終えて「ありがとうございました」と言葉をかけられることがある、歌でギブアンドテイクができたならそれこそ有り難いことなので、そういうことはしっかり受け止ようと思う

 

これにてライブ予定がほぼ白紙になって、それからは毎日なるべく机に向かってコツコツと音を録り貯めていっています。まずは自分を驚かせられるように、ああだこうだ、探り探りの毎日ですが、楽しくも先が見えなくてやめようがありません。日の目を見られるよう気長にやります、お楽しみに

 


気づけば5月になりました、今日はこのピアノを弾くおじ(い)さんを観に行きます、おお楽しみだ