えとせとら

丘本浩一blog -よけいなものこそ-

春のつぶやき

ありがちな春らしい心持ちになってきました、どこかで前向きになることを避けたがるきらいがあるのですが、今はいいや、みたいな

「もとにもどる」音楽を作ろうとしながらも、音楽は前に進むものだと教えてくれる音楽をいくつか耳にする、入り込んで聴くパラードには思わず涙

ひとりではどうにもならないとよく思うようになった、それでもひとりでやり切るタイミングだ、好きな人にもまた会えるよう

ドイツからわざわざ取り寄せたCDを開く、あと1枚同じく海外から届く予定でそれが届いたら何かの合図だと思うことにしよう

こないだのライブのこととか、また改めて書きます。おやすみなさい