えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

ここには歌が残る

2018年5月4日(金・祝) @阿倍野 流流
丘本浩一 presents 「ここには歌が残る」
出演:丘本浩一/土井玄臣/panama(オープニングアクト)
開場/開演 14:00/14:30
予約/当日 ¥2,000/¥2,300 (1ドリンク込)

※ご来場特典CD-Rあり(ご予約者優先・先着順)

※定員30名、ご予約はコチラまで:okawokudareba@gmail.com

f:id:okawokudareba:20180410214559j:plain

まずは前置き的に、今回ポストカードサイズのフライヤーを作りましたが、裏面の文字が小さく文章が読み辛くなってしまっているので、その補完として抜粋をどうぞ

f:id:okawokudareba:20180424220422j:plain

阿倍野 流流が残念ながらこの5月で閉店となることを受けての約2年ぶりの自主企画です。きっかけはあれど、つまるところ誰にも頼まれることなく只やってみたくてやるライブ。みんなはじめはきっとそう、大事なやつ。ちなみに前回は10周年ワンマンライブ「とよりでからのへや」。数字のお話が続きますが、そういう自主企画としては4回目、自主企画としては初めての2マンライブ(厳密には2マンだとは思っていないのですが、ひとまずの便宜的な表記)です。

2010年に行った「なぞのしろ」にも出演していただいた土井玄臣さんをまたお迎えして、今回は長めの演奏時間を設けました。出会ってからもう10年以上になる土井さんですが、長尺のライブを大阪ではされたことがないような気がして、そして何より自分が観てみたいので、まずは土井さんにお願いしよう、と思い立ったのが今回のはじまり。

イベントタイトルも土井さんの曲「歌にはそれが残る」から拝借しました。


土井玄臣 - 歌にはそれが残る → 夜の眼の眼が開いた @カフェアリエ [LIVE]

土井さんは3月に新作「針のない画鋲」を発表されて、そのタイミングでとあるラジオ番組にゲスト出演されました。その際の最初の挨拶が、

土井玄臣です、なんだろうな、、あ、なんもないや」

こういうところがなんとも土井さんらしいな、と思います。あえて淀みを捨てない姿勢、とでも言いましょうか、能ある鷹は爪を隠す、そんな言葉も浮かぶ。

その新作「針のない画鋲」は土井さんの儚げで危うさのある歌がなだらかに続き、それはまるで日々の生活に潜む通奏低音のようでありながら、どんよりと垂れ込めてしまうことはなく、遠く「みえないひかり」(オープニング曲のタイトル)に導かれるような聴き心地で素晴らしかったです。

そんな土井さんの深い歌のトンネルの入り口の前に、すっと入り込めるイントロを作ってくれそうな方をと、オープニングアクトとしてpanamaさんにお声掛けしました。

 

panamaさんとも活動初期に出会っていて、歌もそうだけど、話し振りにも不思議な親近感を覚える方でした。人ってふつうステージに立つとどこか意識的になってしまったりすることって多いと思うのですが、そこから生まれる気負いや、自分を良く見せたい気持ち、そういうものが希薄に見えて、そのままその人が歌っている感じに惹かれました。

先日とても久し振りにお会いした際にも、きっと5年以上ぶりぐらいなのに、会った瞬間にその感じが蘇ってきて、ああ、これだ、と思い出しました。

panamaさん、文字通りの意味ではない不思議なキャッチーさを持っている方だと私は思っています。数年ぶりの久々のライブだそうでとても楽しみです。

 

土井さんもpanamaさんもライブ活動が頻繁ではなく、どうやら出演者3人ともこの先のライブが決まっていないようなので、この機会にぜひその音楽を生でじっくり体感していただきたいところです。少し脱線しますが、予約者優先・先着順の来場者特典の音源CD-Rにも、ありがたいことに、土井さん、panamaさん、参加していただきました。

私は私で会場の流流に身を捧げるような、誇張してしまうとどこか骨を埋めるような気持ちで歌えたらな、と思っています。具体的にこれ以降のライブのことは何も考えていなくて、ありがとうさようなら阿倍野 流流、でやりたい。

それでは長くなりましたが、ここでしかない特別な何かを感じてもらえるよう当日に向けて準備しておりますので、よろしければ最初から最後までお楽しみに、ご来場お待ちしております!

 

最後に、補足的に土井さんpanamaさん関連のリンクを↓

『針のない画鋲』特設サイト

涯てな

panamanico | Free Listening on SoundCloud

 

そして、オマケ

f:id:okawokudareba:20180424231908j:plain

当日に向けての打ち合わせを終え、前打ち上げ的な気持ちになるのを抑えられず思わずパチリと撮ったおふたりの微笑みを

3→4月

日課的に姿勢と目線を正そうとする、またどこか祈るような気持ちでひとつのおにぎりを握る、そんなここのところ、特に何かのたとえではありません。

昨日、近所の安売りのお店で税込200円で叩き売られている今年のカレンダーを3つ買いました。ふたつは寝室にひとつは作業部屋に、寝室のひとつは今年早々に断念した日めくりカレンダーの代わりに週替わりの猫ちゃんのやつを、作業部屋には一見ぼんやりとしつつ眺めるとスッキリした心持ちになる東山魁夷のを設置。 f:id:okawokudareba:20180410213819j:image

さて、気づけば4月。3月は久々のライブがあったり、去年行きたかったけど行けなかった人のライブを観に行ったりで、伸びをした気分。

自分の演奏を聴いてくれたみなさん、ずしりとくる演奏をしてくれたみなさん、ありがとうございました。今からひとつひとつ書いていくと冗長になるので割愛しますが、当たり前ではなく目の前で音楽が鳴って、自分の中で響くような感覚はいいものですね。

 

その久々のライブでも、今までもお世話になった阿倍野のイベントスペース・ギャラリー、流流が5月6日を以って阿倍野での営業を終了されます。なんとか滑り込みセーフで、5月4日の金曜、祝日(みどりの日)にライブを企画させてもらうことになりました。

詳しくは改めて書くつもりですが、「ここには歌が残る」というタイトルで、お世話になった今の流流に今の自分の精一杯を捧げるつもり。少しでも気になってくれて、この日もし予定が空いていて都合がよければ、是非来ていただきたいところです。

f:id:okawokudareba:20180410214559j:image 久々に作ったフライヤーの出来は不親切なところができてしまったけど、しっかり丁寧に歌をやろう、とただそれだけのこれから

 

おまけ的に、ようやく春を迎えたところで、冬から春に向けて長く繰り返し聞いていた数枚のアルバムからネットにあるのを1曲ずつ↓


HARCO - Night Hike


caroline / nilsson


mei ehara / 冴える


キセル / 富士と夕闇

1年以上ぶりにキセルのライブを観れば、まるで別のバンドみたいに成立していて、なぜかとても安心している。変われるかは分からないけど、変えていくことでしか続けられないもんなあ、と思いながら。

1、2月

ようこそ2月、1月中に終えられたことといえば手元にあるレコード(LP)の枚数を数えること、ちょうど70枚ありました。ほとんどが60〜70年代の輝かしい音楽、大いなる遺産。作ってくれた人には勿論、捨てずに残していてくれた人にも感謝を

半年ちょっとでこの量はどうかしてるよなあ、でも楽しくはある、一番枚数多いのはたぶんデューク・エリントン、「極東組曲」の日本盤、その脂の乗り切った顔ジャケがとても印象的で音も太くてそこからハマってしまった感あります。

f:id:okawokudareba:20180201133425j:imageそうして、今きっと失われつつあるだろう豊かさを追い求めているところ

 

時の流れには抗えないけれど、音楽に費やすことでしか満たされない何かがあって、そういう性分には嘘がつけずこういう感じで書き連ねてしまう。

そういえば11月の自分のライブ以来、久しく足を運べていなかったライブの現場へ向かえたのも1月の収穫。ゆうきとハイラマズのショーン・オヘイガン、きっとその偏屈さが持ち味の2組だけど、生で観て聴いてこそのピュアさを感じられて良かった。

私も来月は久々のライブ、去年人知れず叩いた扉の先、どこか花開くようなことができればな

12/12

12月12日、すっかり厳しい冬、ちょうど私も丘本浩一と名乗りはじめてから12年目の年の瀬をうっかり迎えることになりました。

声を大にして言いたかった「11年目のファーストアルバム」は残念ながら見送ることになり、ほとほと無様ではあるものの、表向きは穏やかな日々でまた確かに潜む不安。そんな時にはニーナ・シモンブロッサム・ディアリーの歌声、両極にあるようで表裏一体だとも思えるそれが共にあればなんとかなる気もする。

シングス:ブロッサムズ・オウン・トレジャーズ

シングス:ブロッサムズ・オウン・トレジャーズ

 

皆そうでしょうか、これからどうなるのかは全く予想が立たないけれど、完成するまでアルバム作りは終わらないし、飽きもせず音楽を聴き集め続けてゆくと思う。変わらないことなどないのだろうけれど、そのままに生活がある。

 

早いもので先月、今年最後に人前で演奏することとなった曲は、まだ見ぬ生まれくる全てのものに捧げたつもりの「生まれ」という曲でした。今年縁あってお世話になったみなさま、ありがとうございました。

 

新譜はあまりいらないや、と思う周期ではあるものの、12月はふと新しいものも耳に留まって胸震わすこと多い。今1曲選ぶならこのミツメの新曲、どこかクリスマスソングみたいなマジカルな響き

 

それでは、またそのうち。 

f:id:okawokudareba:20171212234401j:image

難波屋

10月に入りました、9月は充分に迷った感あるので集中する秋へ

9月28日、西成の難波屋にてライブがありました。関わってくれたみなさま、ありがとうございました。

f:id:okawokudareba:20171001122821j:image f:id:okawokudareba:20171001122839j:image

f:id:okawokudareba:20171001122923j:imagef:id:okawokudareba:20171001123002j:image f:id:okawokudareba:20171001123037j:image

f:id:okawokudareba:20171001123103j:image

f:id:okawokudareba:20171001123109j:image

この街のことをしっかり受け止め体に馴染ませるのは難しかったけれど、その自由さと当たり前に真顔の人々を讃えたい。回る酔いと熱気の中でぶつけてもらった普段は聞けなさそうな本音を胸に刻みつけたいと思う

 

この日を作ってくれたミカミッヒさんはニルヴァーナのIN UTEROのTシャツを着て来ていて、その1曲目、この曲のさわり部分をライブの途中でなんとなくシャウトしてみたりもしました。どこかモゴモゴとしてしまったけど、楽しい夜でした。


Nirvana - Serve The Servants

桃epにまつわる散文〜B面

f:id:okawokudareba:20170910143908j:image

いよいよこれを書き終えたら、この夏も本格的に終わりを告げます、あくまでも自分の中での話ですが。

「桃ep」胸を張って、「どうぞ、これがバッチリ丘本浩一のやりたかったことです」とは言えないけれど、作って良かったとは思って今す。自分の作品としては久々の多重録音で、アレンジ面でこれまでして来なかったことができたし、これを作ったことで製作中のアルバムの方向性がより定まってきたので。

念のため書いておくと、「桃ep」はアルバムの予告編的なものではなくて、アルバムに至る階段・梯子みたいなものだとお考えいただけると有り難いです。それを今なんとか登ってゆけるような気がしています、秋に向けて

 

さて、ここからは「桃ep」後半、B面収録曲について。↓ダイジェスト1:06あたり〜

3曲目「渚に手」

2010年に発表、同じく無料配布していた「弾き語り録音集-初夏-」に収録した「渚にて」に手を加えてリメイクしました。テンポもキーも落として年をとった感じ、言葉さえもなくして、そんなバージョンです。ギターはマイクで録音せず、ライン録音のみを使用、苦労したところもあるけど、これはこれでアリの音になったと思っています。あと特筆しておきたいことは「桃ep」1〜3曲目まで同じキーです、テンポ感もずっとゆったりながら、なんとか飽きがこないよう意識してここまで作りました。

それでは、最後に4曲目「プール開き」

この曲だけ歌とギターに1本ずつマイクを立てて、弾き語りをそのまま収録しました。大村みさこさんとのデュオ「そもそもふるさとは」で作った曲で、「そもそも〜」では一度きりライブで披露したことがあるはずです。それ以降は自分のソロのライブでは夏に何度か歌っていて、夏がテーマの作品の最後に初夏を歌ったこの曲を持ってきて、出口になるように、また夏が繰り返すように、そんなイメージで収めました。歌がちょっと地味な仕上がりになってしまったのが心残り。

 

それでもこの夏の私の精一杯が詰まった「桃ep」

機会あれば、じっくり味わうように聴いてみてください。

 

ありがとうございました。さあ秋だ。

桃epにまつわる散文〜A面

9月に入ってから分かりやすく涼しくなり、こんなに夏と秋の境目がきっぱり現れるのって珍しい気がして、厳しい残暑感少ない今日この頃。

まさに夏の終わりに発表することになった「桃ep」についてもう少し書いておいて、あまりにあっさり行ってしまいそうな夏の背中を追ってみようかと思います。

以下、もう聴いていただいた方は補足的に、これから聴いてみたいという方は参考に、どちらにも当てはまらない方は暇つぶしにでも、よろしければお付き合いください。

 

完成したての頃はやはり作り終えた感が何よりも大きく、少し時を経て見えてきたことがあります。今回の「桃ep」はこれまでの作品とは違い、ギターと歌以外に色々な音を足してあって、それが曲そのものの骨格や魅力よりもムードや雰囲気を作り出している気がします。ある方からは「どこかアンビエント」というご感想もいただきました。いつ現れていつ消えるのかが曖昧な夏の蜃気楼のゆらめき、そんなムードを醸し出せていたらば、と思います。ここからは収録曲のことを。

まず1曲目「桃」、2分ちょっとの試聴サンプル作りました↓

去年の夏、10周年ライブを終えてからきちんと形にした最初の曲で、その準備やら何やらに追われて切羽詰まった時期の反動でしょうか、こんなゆったりとある意味ふつうの甘いことを歌った曲ができたのかな、と思います。ふつうがとくべつになれば、なんてことも込めたかったのかもしれません。自分が「桃を食べよう」なんて歌う日が来るとは思っておらず、不思議なものです。去年何度かライブで歌ったのとはちょこちょこ変えたところがあって、大きく違うのは今回の収録用に付け加えたイントロ部分、このイントロがまさに今回の作品の入り口で、「夏が来れば思い出す」そんなムードで始めてあります。それから、夏になると特に聴きたくなる、あるアメリカの偉大なバンドが1966年に出した名盤から一箇所サンプリングして使わせてもらっています。勝手ながらありがとうございます。

切れ目なく続く2曲目「取り憑かれて」

東京のバンド「ミツメ」のカバーで、4曲入りのシングル「めまい」に収録の1曲。ライブで何度か披露したことがあり、夏のけだるさに相応しいムードを持つこの曲を勝手に収めさせてもらいました。どうにもこうにもならん無常観を歌っていて、どこか腑に落ちるところがあり、違和感なく歌える曲です。意識的に揺れる音を多めに、部分的に自分としては大胆なアレンジを施せたことが今回の自然な挑戦です。1-2曲目ともにギターはマイク録音だけでなく、同録のライン録音を混ぜてあり、切れ目なく聞こえるように2曲続けて録りました。しつこいですが、切れ目なく続く、それを大事にした1-2曲目、A面です。

めまい

めまい

 

原曲はこちら


ミツメ - 取り憑かれて

 

それでは、この辺で。〜B面に続く