えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

桃epにまつわる散文〜B面

f:id:okawokudareba:20170910143908j:image

いよいよこれを書き終えたら、この夏も本格的に終わりを告げます、あくまでも自分の中での話ですが。

「桃ep」胸を張って、「どうぞ、これがバッチリ丘本浩一のやりたかったことです」とは言えないけれど、作って良かったとは思って今す。自分の作品としては久々の多重録音で、アレンジ面でこれまでして来なかったことができたし、これを作ったことで製作中のアルバムの方向性がより定まってきたので。

念のため書いておくと、「桃ep」はアルバムの予告編的なものではなくて、アルバムに至る階段・梯子みたいなものだとお考えいただけると有り難いです。それを今なんとか登ってゆけるような気がしています、秋に向けて

 

さて、ここからは「桃ep」後半、B面収録曲について。↓ダイジェスト1:06あたり〜

3曲目「渚に手」

2010年に発表、同じく無料配布していた「弾き語り録音集-初夏-」に収録した「渚にて」に手を加えてリメイクしました。テンポもキーも落として年をとった感じ、言葉さえもなくして、そんなバージョンです。ギターはマイクで録音せず、ライン録音のみを使用、苦労したところもあるけど、これはこれでアリの音になったと思っています。あと特筆しておきたいことは「桃ep」1〜3曲目まで同じキーです、テンポ感もずっとゆったりながら、なんとか飽きがこないよう意識してここまで作りました。

それでは、最後に4曲目「プール開き」

この曲だけ歌とギターに1本ずつマイクを立てて、弾き語りをそのまま収録しました。大村みさこさんとのデュオ「そもそもふるさとは」で作った曲で、「そもそも〜」では一度きりライブで披露したことがあるはずです。それ以降は自分のソロのライブでは夏に何度か歌っていて、夏がテーマの作品の最後に初夏を歌ったこの曲を持ってきて、出口になるように、また夏が繰り返すように、そんなイメージで収めました。歌がちょっと地味な仕上がりになってしまったのが心残り。

 

それでもこの夏の私の精一杯が詰まった「桃ep」

機会あれば、じっくり味わうように聴いてみてください。

 

ありがとうございました。さあ秋だ。