えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

7月

f:id:okawokudareba:20170731135243j:image

今月に入ってからレコードを買うようになりました。上の写真が今手元にある盤で、どれも本当により最高だと思えるようになって嬉しい。

長らくダメになっていた針を買い換えて、久々に針を落としたときの感動、、オーディオ環境・モニター環境を整えることをそれなりにはしてきたけど、すっきりした高解像度よりも私には今このふっくらした音がたまらなく愛おしくある。やめられない感覚。

そして、昨日、およそ1泊3日、はじめてのフジロック旅から帰ってきました。帰ってきてから腰を落ち着けて最初に聴いたのが旅の間に届いていたビーチ・ボーイズ「スマイリー・スマイル」の重量盤、まさに言わずもがな最高。

ひとりぼっちで土曜日のみ観に行ったフジロック、それなりに準備をしてみても雨には容赦なく降られたり体力は奪われたけど、ぼっちでも雨に打たれても遠く足を運んだ価値は大いにあった、のひとこと。

勿論ひとことでは語り切れないので、改めて後日たっぷり書いてやろうと思います。

f:id:okawokudareba:20170731142630j:image

2001年当時、何度も読み返したこの歌詞カードのブックレットの最後のページの右下辺りに書かれていることを、あれから時が経って体感できた。こんな日が訪れてとても良かった、と書くだけではまるで収まりきらない感覚を身体に覚えさせ糧にしてゆくつもり。

余談ながら私が観に行った前日には、上のブックレットにも記載がある通り2001年当時解散していたサニーデイ・サービスが時が経て、またフジロックのステージに立っていた、というのも感慨深いなあ

 

さて7月、あの日から1年が経ってしまったわけで、

それを意識せずにはいられない日々が続く中、よし、と思いついたことに多くの時間を費やしました。

来月は久々にライブが2つあって、まさにそのときにお披露目します。ネット上にはそれ以上書きません!「告知の告知」みたいなのをよく目にするようになった気がしますが、そういうのとは真逆のことをやってみよう、と。

蓋を開けてみないと分からないワクワク感を残しておきたい気持ちと、元来のひねくれ癖のせいです。

 

作業を進める合間、フジロックに行くちょうど1週間前あたり、ご無沙汰ながら近くにもライブ観に行きました。

土井玄臣さん・青木拓人さん・加納良英さんという(かつて自主企画イベントに出てもらったので)私のためといっても言いような共演と、3月33日のワンマンライブ。

比較は置いといて、似た人を挙げるのが難しい、替わりのないだろう音楽をそれぞれ続けてやっていてくれて、尊くもある嬉しさがあった。

土井さんが普通に考えるとどうしようもなく言わなくてもいいMCの後に「んんん」を熱演したところなんか、まさに「これが私なのよ」そのもののようで、きっとずっと忘れられないだろうな 


それでは、熱い夏、なるべくお元気で