えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

愛の休日

5月もまたおしまい、今月ほぼ毎日聴いてた曲はコレ↓


柴田聡子「後悔」(Official Video )

ああ、きた、あの曲がきた

ねえ、いま、君も気づいた?

歌い出しから何かが始まりそうなワクワク感、もし別のタイトルをつけられるなら「本気」でしょう、そんな気合いがビシバシ伝わってくる1曲。ドラムとベースとコーラス含む歌声だけで曲はおおよそ成り立っていて、それはモータウン的とも言えそうで(2:42という曲の短さも!)、もともとのアコギ弾き語りのイメージから大きく羽ばたいた感のある強靭なポップス。歌詞には突拍子さも挟みながら、準備する・祈る・抱きしめる・本気、といった普遍的な言葉・テーマがここぞとばかりに散りばめられていて、オザケン「強い気持ち・強い愛」あたりを思い出したり。もしこの曲を他の曲の間に並べるなら、大貫妙子「くすりをたくさん」荒井由美「中央フリーウェイ」の間に入れたい、そんな曲が2017年にしかもこの人から聴けるとは思いもよらず、なんとも心躍りました。

そんな1曲も入ったアルバム「愛の休日」のことを書いておこうと思います。

愛の休日

愛の休日

 

一聴するとフォーキーな感触がありつつ、聴き進めるほどに不思議とはぐらかされる、散らかりながら広がる柴田聡子ワールド。どこか偉そうになってしまうけど、きっと彼女は跳躍したかったんだ、と思う。その跳躍は離陸と着地点がまるで違っていて、そんな跳び方する人いないよなあ、という面白さ。

柴田さんのことを書く上で歌詞のことは避けて通れないところで、改めて思うのは、説明的な描写は控えめに、あえて親切さとは程遠いあくまでも自分の視点をそのままぶち撒けるかのような描写の多さ。デコボコでいびつな言葉の連なりは一見ふざけているようにも聞こえて、たとえ本人はまじめなつもりでも、そのユーモラスさがシンガーソングライター的な生真面目さを回避し、独特な開放感を醸し出している気がします。

完成度や統一感のある名盤、とはまた違う、この人にしか到達できない音楽で、やっぱりこの先も気になる人です。

 

自分の近況といえば、引き続き録音という名の沼にいます、文字通りの沼感あって抜け出せるのはまだまだ先になりそう。

不思議なタイミングで連絡くれたり会えた友だちにはありがとうを言いたい、どこか祈りに近いようなイメージでRECボタンを押せるようにしてゆきたい