えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

夏祭り、花火

ああ、タイトルを夏休みのようなムードにしてしまって違和感あるけど、「夏休み」って今となっては永遠に踏み込めない桃源郷のようでもあって、それに少しでも触れられる瞬間って幸せだなあ、と思うわけでありまして。

昨日も今日もお仕事だったのだけれども、そんな中でも楽しいひとときがある2日間、そうだ、長くてあっという間の7月だったなあ、気づけば8月。

 

昨日は堺はなかもずにありますミュージックスタジオマジックの5周年イベントで、Ten-ins(テンインズ・宮田ロウ×丘本浩一 ※詳しくは前回記事に)でのライブとPAのお仕事でした。あらためて5周年おめでとうございます!

f:id:okawokudareba:20160801225710j:image

Aスタジオでバンドの演奏、Bスタジオでアコースティック弾き語りの演奏、それを交互に行うスタジオライブイベントで、私はBスタジオの弾き語りのPAでほぼ卓に付きっ切りでフェーダーの上げ下げを繰り返し、その合間に宮田さん(店長)とのテンインズでライブをするという真夏の日曜日の昼間でした。

夏祭りムードを盛り上げるべくスタジオの外では、こんな感じで↓

f:id:okawokudareba:20160801231508j:image

懐かしのスーパーボールすくい、炎天下の中、若いバンドマンが盛り上がっていて、いい光景だった。

初めての長時間のPA仕事はなかなか楽しく勉強になった。

f:id:okawokudareba:20160801233109j:image

みなさんギターと歌だけのシンプルな演奏だったけど、声とギターの音はそれぞれ確実に違っていて、耳を澄ませては耳の位置を変えるために動いたりして、よりよい響きに近づけてゆくのは性に合っているなあ、と思った。

演奏を見ていて、みなさん自分の声とことばを真っ直ぐ伝えようとしている気がして、それは素直にいいな、と思い、私の歌のアンニュイさを自覚した。

PAをしていて、夏祭りらしく浴衣で来場されていたおねえさんがライブ終わってから「音良かった〜」とあくまでも私に伝えるためでなく、個人的な感想をつぶやきながら、会場を出てゆくときに、思わず心の中でガッツポーズをしてしまいました。

テンインズはこの日のための初めてのライブなだけに自らの判断は難しいけど、楽しんでもらえたり、何かの足しになっていたのなら、良かったです。私の「なんとなく」という曲に宮田さんがタンバリンで参加、逆に宮田さんの「君がいれば最高」という曲に私がタンバリン、それから「風になりたい」のカバーをふたりで一緒に歌いました。ありがとうございました。

終演後の打ち上げも普段なかなかじっくり話を聞けない若いバンドマンの考えていることの片鱗を垣間見えたり、楽しいひとときでした。

いつも通りわりと涼しい顔をしていただろうとは思うけど、夏らしく汗かきまくった1日。

 

今日は思い付きでお仕事終わりに行けそうだったので、例年なんとなくスルーしてきたPL花火大会を初めてわりと近くまで見に行った。パーフェクトリバティ教団祭。

少し前まで住んでいた駅の近くに車を停めて、目的地の狭山池公園まで歩くこと約30分

f:id:okawokudareba:20160802000531j:image

以前はすぐ近くに住んでいたけど、通ったことのなかった道を歩くと発見があって楽しいもので

f:id:okawokudareba:20160802000920j:image

あれこれ眺めつつ到着、ほどなくして開始、町中で行われる花火大会をあまり近く(といっても、それなりの距離はある)で見たことがなかったので、なかなか集中できず、なるほどなあ、と思っていたぐらいだったけど、最後の方は、

f:id:okawokudareba:20160802001406j:image

写真にも写せてしまうほどの「天変地異か!」と思うぐらいの迫力があった。8000発ほどの花火が一斉に上げられるようで、さすがにコレは見る価値あるなあ、と思った。

 

聴いた音楽のことも書こうかな、と思ったけど、あまりに長くなるので、今日はこの辺で。

これまでしつこく書いてきた、スピッツ「醒めない」をようやく聞かない日が来た、とだけ記しておきます。