えとせとら

丘本浩一blog -こころのこりのたび-

半分、

今年も半分過ぎました、半分○で半分×な感じ、合わせて△じゃなくそのまま半分半分だな、家族と過ごす時間が増えたね、200枚ほどのCDを数回に分けてディスクユニオンに売った、ライブは今はなき阿倍野流流で2回だけできた、どちらもお酒の席も楽しかった、同時…

5月

多くは語らないけど思い返すと不思議に良い余韻が漂う、そんなひと月 大阪城ホールが見たことのないような膨れ上がり方を見せた小沢健二「春の空気に虹をかけ」(あ、それは4月末のことやけど一続きの流れとして置いておきます)に満たされ、阿倍野流流に捧げ…

ここには歌が残る:あとがき

終わってしまってから1週間はわりと腑抜けで、一度これを途中まで書いて下書きにしたまま寝かせていたら今日になってまた、改めて書きなおしています。 いやあ、ライブは特別でしかも自主企画なら尚更で、ずしんと重たくてするっと落とし込めなくて、ふだん…

ここには歌が残る

2018年5月4日(金・祝) @阿倍野 流流 丘本浩一 presents 「ここには歌が残る」 出演:丘本浩一/土井玄臣/panama(オープニングアクト) 開場/開演 14:00/14:30 予約/当日 ¥2,000/¥2,300 (1ドリンク込) ※ご来場特典CD-Rあり(ご予約者優先・先着順) ※定員30名…

3→4月

日課的に姿勢と目線を正そうとする、またどこか祈るような気持ちでひとつのおにぎりを握る、そんなここのところ、特に何かのたとえではありません。 昨日、近所の安売りのお店で税込200円で叩き売られている今年のカレンダーを3つ買いました。ふたつは寝室に…

1、2月

ようこそ2月、1月中に終えられたことといえば手元にあるレコード(LP)の枚数を数えること、ちょうど70枚ありました。ほとんどが60〜70年代の輝かしい音楽、大いなる遺産。作ってくれた人には勿論、捨てずに残していてくれた人にも感謝を 半年ちょっとでこの量…

12/12

12月12日、すっかり厳しい冬、ちょうど私も丘本浩一と名乗りはじめてから12年目の年の瀬をうっかり迎えることになりました。 声を大にして言いたかった「11年目のファーストアルバム」は残念ながら見送ることになり、ほとほと無様ではあるものの、表向きは穏…

難波屋

10月に入りました、9月は充分に迷った感あるので集中する秋へ 9月28日、西成の難波屋にてライブがありました。関わってくれたみなさま、ありがとうございました。 この街のことをしっかり受け止め体に馴染ませるのは難しかったけれど、その自由さと当たり前…

桃epにまつわる散文〜B面

いよいよこれを書き終えたら、この夏も本格的に終わりを告げます、あくまでも自分の中での話ですが。 「桃ep」胸を張って、「どうぞ、これがバッチリ丘本浩一のやりたかったことです」とは言えないけれど、作って良かったとは思って今す。自分の作品としては…

桃epにまつわる散文〜A面

9月に入ってから分かりやすく涼しくなり、こんなに夏と秋の境目がきっぱり現れるのって珍しい気がして、厳しい残暑感少ない今日この頃。 まさに夏の終わりに発表することになった「桃ep」についてもう少し書いておいて、あまりにあっさり行ってしまいそうな…

桃ep [2017.9.10更新]

桃ep -demo- 1. 桃 (→サンプル試聴) 2. 取り憑かれて 3. 渚に手 4. プール開き -ダイジェスト試聴はこちら- 『僕らはきっと夏の迷子』 ひとこと添えるならそんな感じ、夏にはどこか行きたいねえ、行ったねえ、楽しかったねえ、でも結局ここに戻ってきてしま…

8月28日

目覚めてまず身体の重たさを感じる、どっと疲れが顔を出している、やあ、おはよう、久々の感覚。今日は休もう 昨日で珍しく2つ続いた久々のライブが終わり、ギリギリまで取り組んでいた誰にも頼まれていない夏の自由研究の提出を何とか間に合わせられた気分…

7月

今月に入ってからレコードを買うようになりました。上の写真が今手元にある盤で、どれも本当により最高だと思えるようになって嬉しい。 長らくダメになっていた針を買い換えて、久々に針を落としたときの感動、、オーディオ環境・モニター環境を整えることを…

フルーティ

6月もおしまい、今年も半分おしまい、、心を落ち着かせながらもここぞとばかりに燃やしてゆきたいところ。 ようやく「火花」見終わりました、ようやく「人生フルーツ」見に行けました。どちらも素晴らしくて、時間があって見られる人には勧めたい作品。 「火…

愛の休日

5月もまたおしまい、今月ほぼ毎日聴いてた曲はコレ↓ 柴田聡子「後悔」(Official Video ) ああ、きた、あの曲がきた ねえ、いま、君も気づいた? 歌い出しから何かが始まりそうなワクワク感、もし別のタイトルをつけられるなら「本気」でしょう、そんな気合…

5月1日

初めて訪れた神戸は北野の老舗、ビッグアップル。ホームページに目を通すだけで分かる我が道をゆく姿勢のお店、実際中に入ってみて感じるそれは嫌なものでは全然なくて「古き良き」が自然と残されてきたんだろうな、お客さんに愛されてきたんだろうな、と思…

4月7日→

遅くなりましたが、4月7日金曜日、谷町九丁目ワンドロップでライブでした。あの場にいてくれたみなさま、ありがとうございました。 共演は内田修人さんといおかゆうみさん、お二人と直接そういう話はできず終いでしたが、パーソナルな響きのする歌が続く静け…

⇄4月17日

時が経ってよかったと思うことがある、ずっと家で音楽を作っていた彼が外に出て歌うようになって何年たったろうか、寺田遼一のライブが歌が今とても自然に胸にじわりと響いた。帰り道、ふいにコンビニに入りサンドイッチとカップ焼酎というまるで合いそうに…

春のつぶやき

ありがちな春らしい心持ちになってきました、どこかで前向きになることを避けたがるきらいがあるのですが、今はいいや、みたいな 「もとにもどる」音楽を作ろうとしながらも、音楽は前に進むものだと教えてくれる音楽をいくつか耳にする、入り込んで聴くパラ…

3月⇄4月

3月もあっという間に終わり、ドラマ「カルテット」も終わってしまいました、毎話毎話飽きることなく見逃せず楽しみ、終わってからまた(正確には最終話の前に)1話から見直していて、それもまた楽し。ほんと沁みることが多く、細かくは書かないけど「まきもど…

ABCDE

Aくんのレコーディングをした次の日Bくんのライブを観て1日置いてCくんからライブのお誘いがあって同じ日にDさんからもライブのお誘いがあって、それらは関係ないようで大いに関係があると思い込む 前回の投稿は自己暗示みたいなところもあって気持ち悪いけ…

2月

2月もおしまい、密かにダイナミックな1ヶ月でした。 何があったっていうわけではないけど、自分の意識の変化とそれに呼応するかのように目に耳に飛び込んでくる諸々に湧き立ったり沈み込んだり、どちらかというと湧き立ちよりのイメージでいます、いきます。…

夢か

今年最初のライブから1週間が経ちました、雪降る日で寒い中阿倍野流流に足を運び関わってくれたみなさま、ありがとうございました。 人とあまり会っていなかったり、およそ4ヶ月ぶりのライブだったり、そんな私のままでしたが、周りに恵まれて良き日になりま…

2017

あけましておめでとうございます、今年も良き年でありますように アルバム制作は順調、というわけではなく、慎重で水面下に潜り込んでゆくばかりだと言えます。 発表はまだまだ先かもですが、諦めずに、まずは目の前に久しぶりのライブがあります。約4ヶ月ぶ…

2016 ⑩

すっかり明けてしまいましたところで、2016年もありがとうございました。心に深く残っていることや取り組んでいたこと、およそ思い付くままにまとめ記しておきます↓ ① 丘本浩一10周年ライブ「とよりでからのへや」 ② 小沢健二「魔法的」 ③ Caetano Veloso JA…

9月30日

金曜日、仕事終わりに谷九へ 初めての喫茶亀、久々に会ったumamoさん、umamoさんのかける曲は予想の上行く良質さで、腰掛けたソファは心地良く、病気マサノリ→ふゆふきうどん→寺田遼一と続いたライブも緊張と緩和が良い塩梅で訪れて、色んな人にも会えたし有…

ホット

コーヒーを常飲するようになってきた、季節の変わり目。 昨夜浴びた熱にクラクラしたせいか睡眠過多になってしまい目覚め、コーヒーを淹れて一息いれる、木曜日がお休みだと金曜日が金曜日な気がしない。 昨日は前々から行ってみたかった味園ユニバースへ、c…

途切れてもなお

続くものとして機能し得るから、音楽を好きで選んでいるんだろうな、と思う。また思い出せば再生できる装置として。装置というとカクカクしてアレですが、たとえば魔法としてしまうとどこか借物感があるような気もして、、ここでタイムアップ というわけで、…

休日、

10日ほど前に痛めていた左腕が良くなってきて一安心、ここのところは毎日鍵を探しているような状態、これからがある意味で今年一番の正念場かも。 宣言めいたものを書き残しておきたいところだけど、それはまた次回、(というのも書きかけのままの文が残って…

ふじゆう

ちょっと不自由していますが、それはそれとして楽しもうとしている。 明日で決まっているライブはおしまい、やれることをやろう 9月、夏はやっぱり過ぎてゆくもので秋にはじっくり取り組みたい、そんな今の気分でこれから聴きたい9枚を並べてみた、実際に↓ …